肥満編 危険なダイエット:目指せ!健康ライフ

PART2 肥満編

危険なダイエット

ダイエットは女性の永遠のテーマといわれていますが、やみくもに脂肪を敵対視するのは大間違いです。脂肪は悪者ではありません。ある程度の脂肪は身体にとってとても重要です。脂肪はエネルギー補給や体温維持、内臓の保護、月経を促すなど、生きていくうえで重要なものなのです。

平成14年の国民栄養調査によると、20代女性の5人に1人がやせ(BMI18.5未満→肥満度CHECK参考)に分類されているにもかかわらず、”もっとやせたい”と思っている若い女性が多くいるとの報告が。これは危険です。栄養バランスの悪い極端なダイエットは、鉄不足による貧血や月経異常を引き起こします。またカルシウム不足から骨粗鬆症(こつそしょうしょう)となり、将来寝たきりになってしまう可能性が高いことを知っておいてください。

現在体重を減らそうとしている女性の割合
平成14年国民栄養調査より
こんな事実も・・・
BMI(体格指数)と死亡率
厚生労働省研究班のデータより

ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン
法人向けサービス
研究機関の皆様