肥満編 洋ナシ型肥満とりんご型肥満:目指せ!健康ライフ

PART2 肥満編

洋ナシ型肥満とりんご型肥満

肥満で注意したいのが、脂肪のついている場所です。肥満には下半身に脂肪がつく皮下脂肪型肥満(洋ナシ型肥満)とおなかの周りに脂肪がつく内臓脂肪型肥満(りんご型肥満)があり、後者の方が生活習慣病を合併しやすくなっています。

皮下脂肪は皮膚のすぐ下にある脂肪のことで、内臓脂肪は内臓の周囲につく脂肪のことです。この内臓周りの脂肪細胞からは種々の物質が分泌されており、その中のアディポサイトカインというホルモンに糖尿病や高血圧、高脂血症を促進させてしまう働きがあるのです。とくに女性より男性の方が内臓脂肪型肥満になりやすい傾向にありますが、内臓脂肪は皮下脂肪よりも食事や運動で減らしやすいのも大きな特徴です。

ウエストで内臓脂肪型肥満をCheck

ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン
法人向けサービス
研究機関の皆様