たまねぎを好きになる ステップ2:好ききらいがなくなるレシピ

ステップ2はもう少し大きく

みじん切り、薄切りのたまねぎを克服したあなた!次はもう少し大きめに切ったたまねぎにもチャレンジしてみましょう。

たまねぎ いきなり大きく切った玉ねぎを炒めて食べるというのは無理ですので、大きく切って、まずはよく炒める。

たまねぎは炒めると甘みが出て旨味が増していきます。その旨味を最大限に引き出してあげましょう。

お肉と煮込むにしても、まず炒めてから煮込むのとそのまま煮込むのでは不思議なことに甘みが変わってきます。

たまねぎ

そして、そんなたまねぎも克服したら、次はとうとう! 生のたまねぎです!

切ってそのままというのはとても辛い場合がありますので、水にまずさらしてあげましょう。(あまり長くさらすとどんどん栄養成分が流れてしまうので注意!)

そして、ドレッシングなどで玉ねぎだけ先に少しマリネしてあげるとぐんと食べやすくなったりします。

春に出る新たまねぎやレッドオニオン、紫たまねぎなどは辛味が少ないですのでそんなたまねぎからチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

<ステップ2>の料理は「パリパリじゃがたまねぎ



ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン
法人向けサービス
研究機関の皆様