きのこを好きになる ステップ1:好ききらいがなくなるレシピ

刻んで刻んで形をなくすところから始めましょう

まずは、よくある手ですが刻んで他の食材と混ぜてみましょう。

そして、この時気をつけなくてはいけないのが、きのこの量だと思います。きのこの場合、香りもセットでついてくるので、量が増えれば当然香りも増えます。

特にしいたけなどは香りが苦手と言う方も多いですので、最初は少しずつわからない程度に混ぜていきましょう。

また見た目で「イヤだ!」と思われてしまうことが多いですので、とにかく細かく刻んでお肉や海老、イカ、魚のすり身などと混ぜて、それでもばれてしまいそうだったら、濃い目のソースをかけたりしてみてはかがでしょうか?

きのこ 実際今回の料理でも「えびといかのすり身」にエリンギ、しいたけを混ぜてみましたが、ほとんどきのこが入っていることがわかりませんでした。

もちろん、念には念を!で、バジルや大葉などのハーブ類やカレー粉などの香辛料を一緒に使うとさらにきのこに気付かず美味しく食べられると思います!

<ステップ1>の料理は「えびいか揚げスティック



ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン
法人向けサービス
研究機関の皆様