栄養素を知ろう! ビタミンB1:栄養素を知ろう!

栄養素を知ろう!

ビタミンB1

特徴

ビタミンB1は、主に炭水化物の代謝を助けてエネルギーを産生するほか、筋肉疲労時にたまる乳酸の燃焼にも関与するため「疲労回復ビタミン」と呼ばれています。水に溶けやすい水溶性で、熱、酸素、中性、アルカリによって壊れやすい性質があります。不足すると倦怠感や脚気、疲労などが生じます。

働き

炭水化物の代謝を助ける

私たちが食べ物から摂ったたんぱく質や脂質、炭水化物を利用するには、これらをエネルギーや身体の成分といった人間に必要な形に作り変える、「代謝」を行なわなければなりません。ビタミンB1は、たんぱく質、脂質、炭水化物の代謝すべてにかかわっていますが、その中でも炭水化物をエネルギーに変えるのを助ける働きがとくに重要です。ビタミンB1が不足すると、エネルギー不足で倦怠感を感じます。また炭水化物は脳の主要なエネルギー源なので、脳にもエネルギーがいかなくなり、イライラ感が生じます。さらに手足が痛んだり重くなったりむくんだりといった脚気の症状も引き起こされることがあります。

乳酸の代謝を助ける

激しい運動をすると、エネルギー産生のときに、疲労物質である乳酸も作られます。これが体内に蓄積されるとほかの代謝を邪魔し、疲労の原因になります。しかしビタミンB1はこの乳酸をエネルギーに変える手助けをし、体内に乳酸がたまらないようにします。

神経の機能を正常に保つ

ビタミンB1は、神経細胞間で情報を伝える神経伝達物質の合成に必要です。そのため不足は短気や抑うつ感、記憶力低下、心臓の機能不全などの原因になります。

ビタミンB1が不足すると…

倦怠感、疲労、脚気(手足の痛み、むくみなど)、短気、うつ、記憶力低下、心機能不全など

ビタミンB1を摂りすぎると…

多量に摂っても排泄されるため、過剰症の心配はありません。

※栄養価データをサービスで利用したい方は、こちらをご確認ください ⇒ 法人向けサービス


マメ知識

ビタミンB1はストレスや飲酒、甘いものや清涼飲料水の摂りすぎで大量に消費されます。アルコール依存症の人には、ビタミンB1欠乏症がよく見られます。

多く含む食品

  • 豚肉、レバー、ハム、ソーセージ、うなぎ、さば、ぶり、たい、たらこ、トウミョウ、えだ豆、そら豆、グリンピース、ナッツ、玄米、胚芽米、雑穀、ぬか漬けなど

効率よく摂るには

にんにくやねぎと組み合わせる

にんにくを食べるとスタミナがつく、とよく言われますがこれは本当です。ビタミンB1はにんにくに含まれるにおい成分アリシンと結びつくと、アリチアミンという脂溶性の物質となって吸収や利用の効率がよくなり、疲労回復を助けるからです。アリシンはねぎや玉ねぎ、にらなどにも含まれています。またビタミンB群は相互に補い合って働くため、複合的に摂ったほうが効果的です。

ほかのビタミンB群と組み合わせる

ビタミンB群は相互に補い合って働くため、ほかのビタミンB群の多い食品とともに摂ったほうが効果的です。

ワンポイントアドバイス

国民食といわれるラーメンには、ビタミンB1を多く含む焼豚が入っているのが定番です。食べる際にはアリシンを含むねぎやにんにくをトッピングすれば吸収率がよくなり、疲労回復に効果的です。

戻る

ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン

全体からの新着

新着日記

コメント歓迎 遠慮する

06:25 女性になるまで 2268日目
07/19 猛暑
07/19 7月19日の日記
07/19 女性になるまで 2267日目
07/18 7月18日の日記

一覧を見る

新着ユーザー

 身体情報公開

07/14 今日の敵は、昨日の自分。さん
06/16 胡桃さん
05/03 ゆいさん
02/15 caorinさん
01/29 キャリーさん

一覧を見る

法人向けサービス
研究機関の皆様