栄養素を知ろう! エネルギー:栄養素を知ろう!

栄養素を知ろう!

エネルギー

特徴

「エネルギー」とは栄養素ではなく、仕事を行う力のことで、私たちの生命の維持や生活活動に必要不可欠なものです。エネルギーは体内で主にたんぱく質、脂質、炭水化物の3大栄養素が分解されることで産出されます。エネルギーが不足すると全身の機能が低下し、やせすぎや疲労につながります。一方、過剰になると、肥満やメタボリックシンドローム、その他の生活習慣病につながります。エネルギーの量は「キロカロリー(kcal)」という単位で表されます。1kcalは1リットルの水の温度を1℃上げることができるエネルギーの量です。「キロ」を省略して「~カロリー」と表現している場合があるので注意が必要です。また厳密には正しい表現ではありませんが、日本では「エネルギー」という言葉の代わりにこの「カロリー」を使う慣習があります。

働き

生命活動を維持し、生活を営む力になる

体温の維持、運動、思考などといった全ての生命活動は、エネルギーを使って行われます。エネルギーは主にたんぱく質、脂質、炭水化物の3大栄養素から産出されます。炭水化物とたんぱく質は1gあたり4kcal、脂質は1gあたり9kcalのエネルギーになります。「脂質が肥満の原因になりやすい」といわれるのは、同じ1gでもたくさんのエネルギーを摂ることになるからですが、脂質に限らず3大栄養素はどれも、摂りすぎれば肥満の原因になります。

燃料として貯蔵される

使い切れなかったエネルギー源は主に中性脂肪に変えられ、体脂肪として蓄えられます。体脂肪は必要に応じて分解されエネルギーになるため、飢餓に備えるために重要なものですが、これが蓄積されすぎた状態が肥満です。肝臓に脂肪が蓄積されると脂肪肝となり、肝臓の機能低下を起こすこともあります。さらにエネルギーを過剰に摂り続けていると、やがて体が処理しきれなくなったエネルギー源が血糖、中性脂肪、コレステロールなどの形で血液中にあふれてメタボリックシンドロームを引き起こし、動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞などの原因になります。

エネルギーが不足すると…

やせ、疲労、体力低下など

エネルギーを摂りすぎると…

肥満、糖尿病、脂質異常症、高血圧症、動脈硬化など

※カロリーデータをサービスで利用したい方は、こちらをご確認ください ⇒ 法人向けサービス


マメ知識

私たちの身体は飢餓状態に対応できるよう、体脂肪を蓄え、ここからいつでもエネルギーを産み出せるようにできています。食事を抜いて体が軽い飢餓状態になると、反動でその後に摂ったエネルギーを脂肪として蓄えておこうとします。また生きるために最低限必要なエネルギー量である基礎代謝も下がり、省エネ運転でエネルギーを消費しにくい体になります。つまり欠食は脂肪をためこみやすくなる原因となるわけです。食事は1日3食をきちんと摂るようにしましょう。

多く含む食品

効率よく摂るには

肥満が社会問題となっている現在は、3大栄養素の不足だけでなく、過剰にも気をつけなくてはなりません。さらに3大栄養素が体脂肪になりにくいような食べ方も重要です。炭水化物(糖質)の多い主食(ごはん、めん、パンなど)や脂質・たんぱく質が多い主菜(肉、魚、卵、大豆・大豆製品のおかず)を、ビタミン、ミネラル、食物繊維の多い副菜(主に野菜、きのこ、海藻などのおかず)と一緒に食べるのは、肥満予防のためにも理にかなった食べ方です。

食物繊維と組み合わせる

食物繊維は、一緒に摂った炭水化物や脂質の吸収を穏やかにしたり、余分なコレステロールを排泄させたりします。血液中の血糖、中性脂肪、コレステロールが急上昇しにくくなるため、血管や内臓への負担が少なく、また体脂肪もたまりにくくなります。

ビタミン、ミネラルと組み合わせる

エネルギー源を摂りすぎたら、てきぱきと体を動かして燃焼させてしまいましょう。そのためには、燃焼を助けるビタミン(とくにビタミンB群)、ミネラルが十分に必要。足りないと、エネルギーを産み出すしくみがうまく回らず、だるくて体を動かしたくなくなります。

戻る

ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン

全体からの新着

新着日記

コメント歓迎 遠慮する

06:25 女性になるまで 2268日目
07/19 猛暑
07/19 7月19日の日記
07/19 女性になるまで 2267日目
07/18 7月18日の日記

一覧を見る

新着ユーザー

 身体情報公開

07/14 今日の敵は、昨日の自分。さん
06/16 胡桃さん
05/03 ゆいさん
02/15 caorinさん
01/29 キャリーさん

一覧を見る

法人向けサービス
研究機関の皆様