日記・コメント参照

日記をみる

ユーノさんの2018年2月12日の日記
焼きそば測定 ⑦ vsスルフォラファン

焼きそば測定もいよいよ佳境に入ってきた感?
今日は市販のみかん皮5g(スープに溶かす方式 最近はいつもこれ)
と、ブロッコリースーパースプラウト20gの組み合わせ。


測定値。

9時起床、9時台朝ご飯。トマト、みかん、ヨーグルトセット、
塩麹、林檎、マンゴー。みかん皮5g。

12時台お出かけ。買い物して14時台帰宅。

15時台お昼ご飯。焼きそば。具などはこれまでと同じ。
みかん皮5gはスープを作ったあと溶き混ぜて摂取。
このスープにブロッコリースーパースプラウト20gも追加。

15:18 87 ←食前 焼きそば16:05〜 桑5g茶5g皮5g
17:35 128 ←(焼きそばから)1時間半 食後家事ずっと
19:20★132 ←3時間15分 この後夕食
20:34 113 ←4時間半 家事中
22:06 111 ←6時間 安静中
23:32 99 ←7時間半 家事中

2/12月焼ソバ(150g)958 糖69.5g39%油44% ピ132(3h15)↑45桑5茶5皮5BS20
参考。
2/5月焼キソバ(150g)955 糖69.5g39% 油44% ピ157(1h半)↑65桑5茶5皮5
1/30火焼キソバ(150g)957 糖69.8g39%油44% ピ126(1h半)↑36桑5茶5皮10
1/29月焼キソバ(150g)956 糖69.6g39% 油44% ピ144(3h)↑49桑5茶5皮5
1/17水焼キソバ(150g)956 糖69.6g39% 油44% ピ128(3h)↑32桑5茶5陳10
1/16火焼キソバ(150g)956 糖69.6g39% 油44% ピ136(3h)↑38桑5茶5陳5
1/15月焼キソバ(150g)956 糖69.7g39% 油44% ピ150(3h)↑61桑5茶5

1/15 1/16 1/29 1/30 2/5 2/12
陳0g 陳5g 皮5g 皮10g 皮5g 皮5g
食前歩 〇 - 〇 - 〇 〇
食前 89=15:35 98=14:49 95=15:04 90=14:49 92=14:57 87=15:18
1時間半 130 130 139 ★126 ★157 128
3時間 ★150夕食★136夕食★144夕食 121夕食 129夕食★132夕食
4時間半 130 118 123 99 113
6時間 111
7時間半 99

ちなみに、ブロッコリースーパースプラウトの過去データ。

4/8土ざるラーメン884 糖86.0g 45% 油31% ピ164(3h半)↑52桑3g歩BS30
4/12水ラーメン(お鍋2分)957 糖71.4g33% 油38% ピ173(5h)↑72桑3g煎BS20

ふむ・・・。
えーとまず今日の3時間値は夕食直前で家事が忙しくて15分遅れた。
(主婦なのでどうしても夕食作る方が自身のケア(測定)より
優先度高くなっちゃうの・・・)
でもこれはそう気にしなくてもいいかと。
夕食定時の19時で自動的にインスリンが出ていると仮定すると
19時ジャストは19時20分よりもう少し高かった可能性も
ないわけじゃないけど、19時20分で132なら、高くてもせいぜい150台で
1/15(陳皮なし)や2/5(皮5gスープ混ぜ)と同水準。
4時間半値で113は2/5よりは高いけど1/15よりは低いから
みかん皮のプラス効果はあったと考えて良いと思う。

で、問題のブロッコリースーパースプラウトの悪影響なんだけど。
悪影響とは3時間値以降に160以上まで明らかに上がる、というもの。
これを警戒してたんだけど、今日は観測しなかった。
やっぱり、みかん皮(もしくは陳皮)は、ブロッコリースプラウト
の悪影響を消す力があるんじゃないかしらねぇ・・・?

どうしてそう思うかというと、どうもみかん皮や陳皮には
血糖の再上昇(桑切れや安静によるぶり返し)を小さくする効果が
あるように思えるからなのね。これまでの経験で。
一方でブロッコリースーパースプラウトは初期を抑える反面
高血糖域を長引かせ、かつ強める(つまりぶり返す)影響が
ありそうだったから、両者をぶつけてみたらどうなるか・・・
と興味があったわけ。


※文字数制限 続きはコメ欄※


◆コメント


ユーノさん

※日記本文続き※

今回の検証では、もうブロッコリースーパースプラウト
(=スルフォラファン)を避ける必要はなさそう。
私は今後、朝昼でみかん皮か陳皮を必ず摂取するつもりだから。
つまり・・・克服できたっぽい・・・?

まぁあと一回、念のためにスプラウトじゃなくブロッコリー本体でも
測定してみようと思ってる。
両者はメカニズムが違うかもしれないし。
でも、ブロッコリー本体の方は、土曜のカレー屋さんですでに
(キャベツと同時摂取で)2回も食べているので・・・(笑
なので念のため、って感じの測定ね。
これがOKなら、私はアブラナ科リスクも克服できたことになる。

たぶんね〜・・・。
私の高血糖域が長いのにはなにか理由があって
(臓器や組織やホルモンのどこかが機能不全を起こしている式の)
それを解消する成分がみかん皮に入ってるんだと思うのよね。
その成分がβクリプトキサンチンかどうかはわからない。
(・・・けど、おそらく違うと思う。β〜強化のみかんジュースを
ずっと継続摂取してても解消されなかったから)
皮の成分のなにかが効いてるじゃないかな〜・・・。
ま、素人考えだけどね(笑

※おしまい※


hannaさん

ブロッコリースプラウトの長引かせる影響をみかんの皮プラスで掌握おめでとう☆

自分だと好物でもない限りは悪影響を与えるな〜と思ったものは避けるっていう方向性だけど・・アブラナ科と広くなると私も調べるか〜(笑)

私もβクリプトキサンチンじゃないかもというのは継続してきた事もあり御意
ビタミンP・リモネン・含まれる他のフラボノイド等なのか・・相乗効果もあるかもなので謎

キャベツとブロッコリーの組み合わせの件はインプットされておらずだったのでご説明ありがとう。
野菜干しネットは当初必要なかったんだと思うし今後何かあった時に選択肢の中に100〜300円ショップでも売ってるよと伝えたかっただけだから大丈夫(´ー`)v


ブロッコリースプラウトやスルフォラファンはユーちゃんの日記より別な切り口で考えてた事は
長距離ランナーだったりかなりの負荷をかけて筋肉増量を目指してて血糖値に問題ない方がそれらの運動前にお召し上がりになると継続したエネルギーを内部から促す力があり効果的な食材という印象を持ったな〜


ユーノさん

>hannaちゃん♪

うん、ありがとう〜♪ がんばったよ☆(←

そそ、アブラナ科は種類多いしね。それに美味しいし(笑
あと、みかん皮や陳皮の特徴(私への効果)を知りたいってのもあったのよね。
漠然と「効く」じゃなくて。運動での下げ効果を高めるのは確かだけど、どうもそれ以外にも
ありそうな気がして・・・。

やっぱβクリプトキサンチンだけじゃないって思うよね。うん、謎(笑
ただ陳皮自体は咳にも効くらしいので、私には向いてるから、効果は謎でも長く続けるつもりよ♪

いえいえ〜。こちらこそ野菜ネットのこと教えてくれてありがとう♪

確かに、血糖を長く持続させれば長距離ランナーには良いかもだね。
あと、スルフォラファンとかブロッコリーはガン抑制効果にも優れているという話。
私ガン予防も考えてるので、なんとかブロッコリースーパースプラウトを手なずけたかった
ってのもあったり・・・。
夫ははっきり食べたいって言ってて、これまでも夫と義母用に時々購入してたのよ(娘は嫌いなのでパス)。
これまでは家族にだけ出して自分は食べずだったけど、今後は自分も食べよう♪ って思ってるの(笑



服部先生の1週間ダイエットレシピ

戻る