ユーノさんの『なにを食べれば良いの?』1日のイースマ☆ノート

なにを食べれば良いの?

2020年6月19日の記録 < 前日|翌日 >

体重・体脂肪 (全員に公開中)

7時 51.20kg ---%
 

運動 (全員に公開中)

消費:計0kcal

運動はありません
歩数 1,910歩/目標:8,000歩

 

イースマ☆マーク (全員に公開中)

 

日記 (全員に公開中)

抗体

 
最近話題の抗体、今日時点で一度まとめ。
その前に少しおさらい。
抗体といっても一度の感染でできる抗体には
いくつも種類があり、重要なのはIgGとIgM。
IgMはいわば万能型。IgGはオーダーメイド。
通常はIgMが先にでき、数日遅れてIgGができるのだけど
SARS-CoV-2ではなぜか一定してないらしい。
ほぼ同時期に抗体ができるケースや
IgMができずにIgGだけができる人・・・など。
詳しいことはこのあたり↓(PDF)。

日本臨床検査医学会
【COVID-19 における抗体検査についての基本的な考え方】
https://www.jslm.org/committees/COVID-19/20200417-1.pdf

再度感染した時に防御してくれる抗体を中和抗体と呼び
これはIgGの中のひとつ。
(IgG陽性だからといって中和抗体が十分あるとは限らない)

現在のところ抗体の意味づけには↓の2種がある。
1) 感染歴を知る
2) 再感染への予防
感染歴を知るためにはどの抗体でもかまわない。
とにかく、抗体があれば感染したと言えるでしょう、と。
予防効果に関しては中和抗体しか意味がない。
そしてどちらに関しても、それぞれの意味合いから
抗体の持続期間はとても重要となる。


ここまでは前段。以下本題。というか記事まとめ。

まず超有名なのから。

Newsweek 4/13
【「回復した人の3割が十分な抗体を持たず」と中国の研究結果】
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/04/3-195.php

中国の復旦大学の研究チーム・・・175名の血漿を採取。新型コロナウイルスに対する中和抗体(NAb)のレベルなどを分析し、4月6日・・・未査読の研究論文を・・・公開した
・・・
被験者の約30%は抗体レベルが極めて低く、そのうち10名はその抗体力価が検出可能な最低レベルを下回っていた

4月の未査読報告だけどセンセーショナルな内容だったわね。


次。
【新型コロナウイルスの抗体陽性率(スイスにおける検証)】
https://rokushin.blog.ss-blog.jp/2020-06-18

Lancet誌に2020年6月11日ウェブ掲載
・・・
1339家族の2766名が対象


感染のピークからほど近い第1週では、
抗体陽性率は4.8%で、
第2週は8.5%、第3週は10.9%と上昇し、
第4週は何故か6.6%と低下して、
第5週は10.8%と再度上昇


抗体陽性率の推移もおかしいのです。
何故上がったり下がったりするのでしょうか?
1つにはこれは現状の抗体測定が、
中和抗体のみを測定している訳ではないということであり、
もう1つには感染の可否を決めている、
まだ分かっていないような因子があるということではないか

素直に考えると、検査期間中に第二波が来ていた
ということじゃないかと思うのだけどねぇ・・・?


最後。
NHK 6/19
【新型コロナ 感染後の抗体 数か月後に減少 中国研究グループ】
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200619/k10012477071000.html

中国の重慶医科大学などの研究グループは、ことし4月上旬までに重慶で新型コロナウイルスに感染して症状が出なかった8歳から75歳までの男女の患者37人と、症状が出た37人について、抗体の量の変化などを比較した研究結果を医学雑誌『ネイチャー・メディシン』に発表
・・・
『IgG』抗体は当初、80%以上の人で検出されましたが、退院からおよそ2か月後・・・抗体が検出された人のうち、無症状の人の93.3%、症状があった人の96.8%で減少
・・・
減少した割合は、半数の人で70%を超えていた
・・・
『中和抗体』の量は無症状の人の81.1%、症状があった人では、62.2%で減っていました

IgGの検出率がそもそも8割で
その9割以上の半数が2ヶ月後には70%まで減少。
つまり、少なくとも2ヶ月後には、感染者の3~4割しか
IgG抗体30%を維持できておらず
中和抗体となると・・・2割程度?

まぁ私の意見はここでは書かないでおくわ。
(もうスペースが・・・ 汗)
ただ、厄介なウィルスだというのは確かよねぇ。
 
(投稿日時:2020年6月19日 23:29)   

 
コメント

4件のコメント

ユーノさん

2020年6月19日 23:42

※日記本文続き※

日記を書いたあとだけど・・・やっぱ気になるので。

要するに、よ。
抗体検査は「感染履歴を知る」ことには役立たないのよ。
だって2ヶ月後には3割にしか残ってないんだから。
集団の感染状況を知ることにもまったく役立たない。
だからスウェーデンの抗体保有率も上がらない。
なんの不思議もない。

と同時に・・・よ。
一度かかったら大丈夫、とか、ワクチンさえ打てば・・・なんてのも
ま~ったくの甘い幻想よ。
本感染した人で2ヶ月保持できない中和抗体を
都合よく長期に(たとえば半年以上?)保持できるようなワクチンを
開発できるなんて全然信じられないもの。

SARS-CoV-2には複数回暴露する、と考えた方が良い。
でも暴露しても感染しない人もいる、
暴露した際のウィルス量は重要だと思うわ。
少数のウィルスなら自然免疫で跳ね返せるけど大量だと・・・というケースはありそう。

だからやっぱり、手洗いとマスクは大事ね。
そして免疫力(睡眠・栄養・脱ストレス)を高めておくこと。
治療法が見つかるまで数年越し、これでやっていくつもりでないとダメだと思う。

※独り言終わり※

ユーノさん

2020年6月20日 8:59

※再追記※

昨夜書いた日記だけど、スペースの都合で泣く泣く削った箇所
やはり今後重要になりそうな予感がするので再UPしておく。

まずNEWSWEEK。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/04/3-195.php

高齢であるほど抗体レベルが高い傾向があり、60歳から85歳の被験者は、15歳から39歳までの被験者よりも、抗体力価が3倍高かった


次に北品川藤クリニック院長のブログ。
https://rokushin.blog.ss-blog.jp/2020-06-18

抗体はドイツで販売されている、
一般的なELISA法によるIgG抗体測定キットが使用されています。
これは新型コロナウイルスのスパイクプロテインの、
S1ドメインに結合する抗体の測定系


年齢が20から49歳と比較して、
年齢が5から9歳では抗体陽性のリスクは68%低く、
65歳以上では抗体陽性のリスクは50%低くなっていました。
20から49歳での抗体陽性率がトータルで9.9%に対して、
5から9歳のそれは0.8%、
65歳以上は4.2%でした


最後NHK。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200619/k10012477071000.html

無症状の人のほうが免疫の反応が弱い


子どもは概して抗体陽性率が低め。
これは要するに感染しにくい(IgG抗体以外の免疫で対処できた)ことを意味するはず。

解釈の難しいのはお年寄り。
スイスでは抗体陽性率が成人の半分、となり
4月の中国報告では「抗体レベルが高い~抗体力価が3倍」と。
お年寄りは重症化、長期化しやすく、その分抗体も減りにくい、なら
わかるんだけど、抗体陽性率自体も低め(スイス)という報告と合わない。
スイスの報告では検査途中で亡くなったお年寄りが案外いた、ということかしら。
だから第4週で抗体陽性率が下がったのかしら????
結果に影響を与えるほどの死者が出ていたらさすがに論文中で言及してる
だろうと思うのだけど・・・。

別件で、前回日記でブルームバーグ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-06-17/QC2HX6DWX2Q401

イタリアで感染被害が特に大きかったベルガモでは、抗体保有率が57%

という記述を紹介した。この伊ベルガモも要注目ね。
今後この抗体保有率57%がどう推移していくか
いずれ続報が出ると思うから、それ期待☆

※おしまい※

hannaさん

2020年6月20日 10:13

私も一般庶民には抗体検査は意味無し・・
安心安全の社会生活の為にPCR検査等を推奨してるワイドショー関連の発言にも否定的

重篤な症状に至って回復された方に抗体という記憶装置がより強くそりこまれると予想してる。

研究の為のデータ収集に役立てて欲しい、こういう意味では遠からず庶民にも役にはたつんだけど・・

ユーノさん

2020年6月20日 10:32

>hannaちゃん♪

おはよ~☆ コメントありがと♪

うん、安心安全のための抗体検査は意味なしね。
意味なしってことが明らかになったのが今のところの前進だ、ということだと思う。
要するに・・・「安心安全な社会生活」は現在のところ実現不能なのよ。残念ながら。
そして濃厚接触者などの迅速な診断確定のためには抗原検査(抗体ではなくて)が良さげ。
PCRは時間やコストがかかりすぎるから。

「重篤な~」←私もそうだろうと思ってます。半分は期待も込めて、ね。
でももしかしたら抗体反応の強かった人はゴミ抗体(悪玉抗体)も多くなってて
次回感染ではより重篤になる可能性も残ってる。この辺はまだ未解明だから・・・。
研究の進展に期待するしかないわね。

ユーノさん

カロリー&栄養管理に。

未来時間での入力もしてます。
食事予定を計画したりメモしたり。
0時の欄は一日かけて食べるもの。
24時の欄は歩きコース&活動量。

2015年7月64kg体脂肪率40%開始
約半年で50kg25%未満まで達成。

現在…週3回歩き(目安8000歩)。
緑内障、低血圧、時々アレルギー。

公開状況

イースマ☆ノート 全員に公開する
身体情報 公開する
コメント コメント歓迎
サポーター依頼 許可する

ユーノさんの状態

身長 160.00cm
最新の体重 51.10kg
(2020/8/11 7時)
最新の体脂肪率 27.50%
(2020/5/7 8時)
目標体重 53.00kg
目標体脂肪率 ---
体重調整ペース おすすめペース(遅め)
体重調整方法 食事のみ
エネルギー摂取目標量 2,118kcal
(+267kcal)
エネルギー消費目標量 1,851kcal
(+0kcal)
1日の目標歩数 8000 歩
月経 なし
妊娠 なし
授乳 なし
身体活動レベル 普通(1.75)
1日の始まりの時間 4時

お気に入りユーザー

 
  • YANさん
  • 痩せ鯛さん
  • しましま☆さん
 
  • Fakeさん
  • hannaさん
 
イースマモバイル