女性特有の悩み 生理痛・生理不順:サプリ指南

生理痛・生理不順

どうして起こるの?
卵子が受精しなければ、妊娠に備えていた子宮内膜は不要となり、はがれ落ちて血液とともに排出されます。これが月経で、子宮が血液を押し出そうと収縮するために起こる痛みを生理痛といいます。
また月経周期が38日以上と長かったり、月に2・3回あったりと不規則な周期を生理不順といいます。月経不順は女性ホルモン分泌の低下や停止が原因です。ストレス、環境の変化、冷え、急激なダイエットなどが関係しています。
痛みは異常はがまんせず、婦人科で検査をうけることをオススメします。
こんな成分に注目!
検査をして病気が見つからなければ、食事や生活習慣を改善して対処しましょう。
血液循環や血液成分を良好に保つには、鉄や亜鉛、ビタミンEを。ビタミンEには、子宮の収縮に関係するホルモンを調節する働きもあります。にも同様の作用があります。
女性ホルモンの働きを助けるものには、大豆イソフラボンがあります。
ビタミンB6、松樹皮、月見草オイル(γ-リノレン酸)などを試してみるのもよいかもしれません。
注意しよう!
●生活に支障が出るほどのひどい痛みや、過多月経は異常。子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が考えられますので、病院で診察を受けましょう。
●3ヶ月以上無月経だと、無排卵になっていることが多いので、早めに治療をしましょう。
予防・改善にイチオシ食品

血液循環をよくするならコレ
牡蠣

亜鉛をたっぷり含むのがかきです。レモンのクエン酸とビタミンCが亜鉛を吸収しやすい形に変えるため、かきにレモンをかけて食べるのがベストです。
必要栄養素と対応サプリメント

それぞれの栄養素の詳細は当サイト内の 「栄養素を知ろう!」 でご紹介していますので、そちらも参考に、最適なサプリメントを選びましょう。

ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン
法人向けサービス
研究機関の皆様