体調が気になる 口内炎ができやすい:サプリ指南

口内炎になりやすい

どうして起こるの?
健康なときには粘膜に抵抗力があるので病気にはなりませんが、風邪や疲れで栄養状態が悪くなると、普段から口の中にある菌が粘膜を侵し、炎症や潰瘍といった口内炎を引き起こします。口内炎ができやすい人は、風邪をひきやすい、偏食しがち、慢性疲労がある、胃腸が弱いなどの傾向があります。口内炎はビタミンB群の欠乏症状のひとつでもあります。
口内炎の予防には、うがいや歯磨きで口の中を清潔にすることが大切です。
こんな成分に注目!
頻繁に口内炎ができる人はビタミン・ミネラルなど様々な栄養素が不足している可能性があります。とくにビタミンB群は身体にエネルギーを供給するのを助ける作用があるので、積極的に摂取しましょう。
また口の中の粘膜を丈夫にするビタミンA
も意識して摂りたい成分です。
注意しよう!
●口内炎ができてしまったら、熱いもの、酸っぱいもの、辛いものなど刺激物は避けましょう。タバコも控えめに。
予防・改善にイチオシ食品

体力アップにはコレ
レバー

エネルギーをつくりだすのに不可欠なビタミンB群を多く含む食品として、レバーがあげられます。レバーは粘膜強化に必要なビタミンAも豊富に含まれています。
必要栄養素と対応サプリメント

それぞれの栄養素の詳細は当サイト内の 「栄養素を知ろう!」 でご紹介していますので、そちらも参考に、最適なサプリメントを選びましょう。

ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン
法人向けサービス
研究機関の皆様