体調が気になる 下痢がち:サプリ指南

下痢がち

どうして起こるの?
下痢には急性の下痢と慢性の下痢があります。
急性の下痢は、食べ過ぎや寝冷えなどによるもので、しばらくすると直ります。一方、慢性の下痢になると、よくなったり悪くなったりしながら下痢が繰り返されます。例えば、太っている中年男性は腸が短いため、ビールなどを多く飲むと下痢をしやすく便秘になりにくかったり、逆にやせている人はS状結腸が長い傾向があり、そこにねじれが起こると便秘の後に下痢が続いたりします。
慢性下痢の予防には、腸内の健康を保つことが第一です。
こんな成分に注目!
腸内の健康を保つには、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑える乳酸菌が有効です。
また、そのエサとなるオリゴ糖その他の食物繊維を一緒に摂取して、相乗効果を狙いましょう。ただしオリゴ糖を摂り過ぎても下痢をするので、様子をみながら摂ることがポイントです。
注意しよう!
●便秘と下痢が交互にくる場合は、ポリープやガンの可能性もあります。
●下痢と便秘が交代したり、腹痛を伴ったり、血が混じったりする場合は、潰瘍性大腸炎などの可能性もあります。
●症状が続く場合は上記のような疾患の可能性もありますので、病院で診察を受けましょう。
予防・改善にイチオシ食品

腸の健康にはコレ
キムチ

腸によい食品としてまっさきに挙げられるものはヨーグルトだと思いますが、キムチにもヨーグルトに匹敵する乳酸菌が含まれています。
必要栄養素と対応サプリメント

それぞれの栄養素の詳細は当サイト内の 「栄養素を知ろう!」 でご紹介していますので、そちらも参考に、最適なサプリメントを選びましょう。

ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン
法人向けサービス
研究機関の皆様