トマトを好きになる ステップ3:好ききらいがなくなるレシピ

トマト博士になりましょう!

ステップ1、ステップ2をクリアして、トマトが好きになった人、もともとトマトが大好きな人、そんなみなさんのために最後のステップ3があります。

ステップ3の料理を美味しく食べながら、今度はトマトとはどんな野菜なのか、みんなで話してみませんか?

そんな時に「へぇ~」と思わず言ってしまうようなお話をいくつかご紹介したいと思います。

  • 「トマト」とは?
  • ナス科トマト属の野菜でナスの遠い親戚にあたります。

    原産地は中南米。観賞用から始まったので、食用の歴史は浅い野菜です。

  • 「トマト」の旬は?
  • 今はハウス栽培のものが年中出回っていますが、旬は「夏」。

    夏の強い日差しをあびて育った路地のものを選びましょう。

    また、のんびり育つ春先のトマトもおすすめです。

  • 「トマト」の選び方は?
  • へたがみずみずしく、緑色でピンとしたものが新鮮です。へたがしおれていたり、黒ずんでいるものは日がたっているものです。

    色むらがなく赤く色鮮やかなトマトが、よく熟していて美味しいです。

    また、丸みがあって、ずっしりと重いものを選びましょう。

  • 「トマト」の栄養・効能は?
  • トマトといえばリコピン!

    活性酸素を抑え、がん予防に効果を発揮します。

    その他、ビタミンC、ルチン、鉄などが含まれ、血圧を下げたり、動脈硬化予防にも有効に働きます。

  • 「トマト」の調理法は?
  • 生でサラダ、ソース、パスタ、炒め物、煮込みなど何でも合います。

    たくさんトマトが余ったときは冷凍しておきましょう。

    解凍して水洗いするだけで簡単に皮がむけて、そのまま煮込み料理に使えます。

<ステップ3>の料理は「トマトのスープ



ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン
法人向けサービス
研究機関の皆様