トマトを好きになる はじめに:好ききらいがなくなるレシピ

私とトマトとの歩みは・・・

トマトは昔から本当に苦手でした。
トマトの何が苦手だったのかというと…
● 種の緑のデュルデュルしているところ
● 酸っぱいところ
● 青臭いところ
酸味が苦手だったので、ケチャップもトマトソースも全てダメでした。

トマト

そんな私が今では「あ~トマトが食べたーい!!」と叫んでしまうほどに成長したわけで、昔の私からは想像できない姿だったりします。

一体、いつから食べられるようになったのでしょう?
(って聞かれても私しかわからないですよね)

ここで私の「トマトとの歩み」を振り返ってみたいと思います。きっと徐々に”好き”に近づいていくと思いますので、トマトが苦手な方はよろしければ思いを重ねてみてください。

学生時代
トマトを食べる特訓をするもののはかなく散る…。
まだ、ケチャップもトマトソースも食べられない時代。

上京時代
東京に出てきてトマトと触れ合う機会が多くなる。
居酒屋でポテトを頼むことが多くなり、ケチャップに徐々に慣れていく。

20代前半
食べ歩きをすることが多くなり、トマトソースに慣れてくる。
ただ、まだ生のトマトは全くダメ。

25歳
「冷製のトマトパスタ」をおそるおそる食べて感激する!
生まれて初めてフルーツトマトを食べる。なんとなくトマトを見直す。

20代後半
フルーツトマトが大好きになる。
ただ、まだまだ高値だったので、できれば普通のトマトが食べたいとドレッシングを作ったり工夫する。

現在
「好ききらいがなくなるレシピ」の刊行の為、毎日トマトの試食をする。
ある日突然、素直に「トマトが食べたい!」とお店に買いに行く。

振り返ってみると、一度「美味しい!」と感じた瞬間からは好きになるまで早かった気がします。

秘策は、根気強く、いろいろなトマトを食べてみること!

今はトマトもいろいろな種類があるので、いろんなトマトを食べてみたら好きな味がきっとみつかると思います。

酸味が苦手な方は、とりあえず私のようにフルーツトマトを食べてみるとか、じっくり火を通してみると意外と好きになってしまうかもしれませんよ!



ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン
法人向けサービス
研究機関の皆様