にんじんを好きになる ステップ1:好ききらいがなくなるレシピ

ステップ1は、まず「すりおろす」「混ぜる」「ミキサーにかける」作戦!

にんじんといえばキレイなオレンジ色を思い浮かべると思います。目立つだけに残念ながらすぐにみつかってしまうんですね、これが!

そんな時はまず、すりおろしたりしてにんじんの存在感を消してあげましょう。 にんじんをすりおろしたり

お肉と混ぜたり卵と混ぜてオムレツにしたら、気付かないうちに食べられるかもしれません!(すりおろす時は調理の直前に)

そしてにんじんには甘みがあるので、かぼちゃやさつまいもなど同じように甘みのある素材と合わせてミキサーにかけたりすると割と抵抗なく食べられます。

そして、”キャロットケーキ”のようにお菓子にすることもできます。

お子さんは特に甘いものが好きだと思いますので、まずはにんじんに慣れるためにも”甘み”を利用してあげるとすんなりと食べることができるのではないでしょうか。

にんじんをすりおろしたり

「ミキサーにかける」としては”にんじんジュース”も手軽ですね。(本書「好ききらいがなくなるレシピ」にレシピは載っています)

ただ、これもにんじんのくさみが出てしまうと飲みにくくなるので、好きな柑橘系フルーツと混ぜてみたりすると毎朝飲まなくてはいられなくなるかも!

とりあえずステップ1は“まず食べること”。

食べないことにはその先に進めませんので、形が全く見えなくても「にんじんの料理を食べたんだ!」と思えたら大成功です。

 

<ステップ1>の料理は「にんじんポタージュのパングラタン



ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン
法人向けサービス
研究機関の皆様