乳製品を好きになる はじめに:好ききらいがなくなるレシピ

「乳製品……」

何を隠そう、これも少し苦手です。

それもかなりわがままなタイプだったりします。

トーストしたパンにバターをのせて、バターが溶けたところをぱくっと食べるのは大好きなのですが、トーストしていないパンに柔らかいバターをたっぷり塗って食べるのは苦手だったりします。

でも、ものすごく薄く塗っている場合は好きだったりもします。

乳製品 牛乳もそのままだと苦手だけど、フルーツと合わせてミキサーにかけると途端に好きに変化したりします。

生クリームたっぷりのこってりしたクリーム系のパスタはひと口食べれば満足ですが、醤油味のパスタにほんの少し生クリームを加えただけのパスタは食べる手が止まらなかったりします。

そして、チーズ!!

ピザの上の溶けているチーズは大好きですが、固まっているとダメだったり! でも、溶けていてもひとくせあるにおいのきついチーズはやっぱりダメだ…とうな垂れたり…。

「乳製品」といってもたくさんあるので、きっとみなさんも「牛乳は好きだけど、チーズはちょっと…」とかいろいろあると思います。

とりあえず、食べられるものから少しずつ食べてみましょう。

私の場合は状態によって違うのでちょっとわがままですが、状態や食べ方によっては、牛乳、生クリーム、ヨーグルト、チーズ、サワークリーム…などなど一応全部食べることができます。

そして不思議なことに、ひとつが先に進むと他の食材も同じように1歩進んでいくのです。

やっぱり、仲間だからですかね。

だから「乳製品が苦手」という方も、ちょっとスープやパスタに加えてみたり、フルーツの力を借りたり、くせの少ないものから試してみたり、となんとなく普段の食生活に乳製品を取り入れていったら、きっと好きになると思います。(ちなみに、私は年々食べられるチーズの種類が増えています)



ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン
法人向けサービス
研究機関の皆様