レバーを好きになる ステップ3:好ききらいがなくなるレシピ

レバー博士になりましょう

ステップ1、ステップ2をクリアして、レバーが好きになった人、もともとレバーが大好きな人、そんなみなさんの為に最後のステップ3があります。

ステップ3の料理を美味しく食べながら、今度はレバーとはどんな食材なのか、みんなで話してみませんか?

そんな時に「へぇ~」と思わず言ってしまうようなお話をいくつかご紹介したいと思います。

  • 「レバー」の選び方は?
  • 色が鮮やかで弾力性があるものを選びましょう。

    傷みやすいので新鮮なものを調理しましょう。

  • 「レバー」の栄養・効能は?
  • がん予防に役立つビタミンAは粘膜や皮膚を丈夫にします。

    鉄、葉酸は造血作用があり、赤血球の形成、再生をします。
    ビタミンB12は貧血の予防に効果的です。

    ただし、極端な摂り過ぎには注意しましょう。

  • 「レバー」の下処理の方法は?
  • 流水でよく洗い、血のかたまりや脂などを取り除き、冷水や牛乳、酒などにつけて、血抜きをします。

    ただし、長時間つけてもそれほど効果は変わらないので、30分くらいでよいでしょう。
    あまり長いとビタミンの損失があるのでほどほどに。

  • 「レバー」の調理法は?
  • 加熱しすぎるとパサパサになるので、新鮮なものをさっと調理するようにしましょう。

    くせが気になるようなら、甘辛く煮込んだり、香辛料などを使って調理をすると食べやすくなります。

    油で揚げる際は、はねることがあるので注意しましょう。

<ステップ3>の料理は「レバーとごぼう甘辛風味



ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン
法人向けサービス
研究機関の皆様