運動編 有酸素運動と無酸素運動:目指せ!健康ライフ

PART4 運動編

有酸素運動と無酸素運動

運動は有酸素運動と無酸素運動の2つに大きくわけられます。

有酸素運動

生活習慣病の予防・改善に効果的なのが有酸素運動です。有酸素運動とは、酸素を十分に取り入れながら行う運動のことです。酸素がきちんと取り込まれていれば長時間続けることができるうえ、疲れにくいのも特徴です。ウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリング、エアロビクスなどをいいます。

 こんな効果が!
糖尿病 インスリンの効果が強まり、糖尿病が改善すると同時に肥満の解消にもつながる
高血圧 有酸素運動を続けることによって血圧が下がる
高脂血症 血液中の善玉コレステロールが増加し、中性脂肪が減少する
無酸素運動

主に筋肉をつけるのに効果的な運動です。無酸素運動とは酸素をあまり取り込まず、短時間で大きな力を発揮させる運動のことです。血圧や心拍数が急激に上がったり、筋肉に大きな力がかかるので、体力や年齢に合わせて無理なく行うことが大切です。短距離走や重量挙げ、腕立て伏せ、ダンベル、ランニングなどをいいます。

ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン
法人向けサービス
研究機関の皆様