生活習慣病編 主な生活習慣病 骨粗鬆症:目指せ!健康ライフ

PART5 生活習慣病編

主な生活習慣病

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは

骨には多くのカルシウムが含まれていますが、骨に含まれるカルシウムなどの量(骨量)は18歳ごろをピークに年齢とともに減っていきます。骨粗鬆症とは、骨量の減少によって骨の中がスカスカになり、骨折しやすくなる状態をいいます。

圧倒的に女性に多い病気で、とくに65歳以上の女性の罹患率は約50%と非常に高くなっています。骨折(骨粗鬆症)は、脳卒中とともに寝たきりの二大原因といわれています。

年齢と骨量の変化
財団法人骨粗鬆症財団より
骨粗鬆症の原因

加齢や閉経による骨量の減少が主な原因です。そのほかカルシウムやビタミンD不足などの食習慣や運動、喫煙なども関与しています。

ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン
法人向けサービス
研究機関の皆様