生活習慣病編 主な生活習慣病 心臓病:目指せ!健康ライフ

PART5 生活習慣病編

主な生活習慣病

心臓病とは

心臓は握りこぶしほどのサイズにもかかわらず、1日に約10万回も拍動し、なんと約8トンの血液を全身に送り出しています。この血液の供給源が、冠動脈といわれる血管です。心臓病は現在、日本での死因の第2位となっていますが、なかでも狭心症と心筋梗塞の占める割合が増えており、これらはこの冠動脈の血流が悪くなることから起こります。

とくに心筋梗塞の方は、最初の発作で約30%が死んでしまうというおそろしい病気です。

心臓病での死亡者数
平成15年人口動態統計の年間推計による年間死亡者数より
心臓病の原因

狭心症と心筋梗塞の原因はともに冠動脈の動脈硬化です。動脈硬化は糖尿病、肥満、高血圧、高脂血症などが主な要因となります。狭心症と心筋梗塞の違いは下記のとおりです。

狭心症
原因動脈硬化によって、冠動脈の血流が一時的に悪くなって起こる。
症状胸痛、圧迫痛、動悸、息切れなど。発作は1~10分ほどでおさまることが多い。死亡することはほとんどない。
心筋梗塞
原因動脈硬化によって冠動脈がつまり、心臓の筋肉が壊死してしまうことから起こる。
症状胸が焼けるような激しい痛みが30分以上続く。死亡することが多い。

ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン
法人向けサービス
研究機関の皆様