食生活編 朝食が大切なわけ:目指せ!健康ライフ

PART1 食生活編

朝食が大切なわけ

朝食を食べないと身体は目覚めません。朝食には、寝ている間に低下した体温を上昇させ、身体をウォーミングアップさせる役割があるからです。とくに身体の中で脳は、ブドウ糖のみをエネルギー源としています。そのためご飯やパンなどの炭水化物(ブドウ糖のもと)を食べないと、きちんと脳は働いてくれません。集中力ややる気は、朝食を食べないとでないのです。

また私たちの身体はいつ飢餓状態になってもいいように、食べたものを脂肪としてためておく傾向にあります。そのため朝食を抜くと身体は軽い飢餓状態だと勘違いし、昼食・夕食で摂ったエネルギーを脂肪に変えようとしてしまうので、太りやすくなってしまうのです。

ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン
法人向けサービス
研究機関の皆様