栄養素を知ろう! コエンザイムQ10:栄養素を知ろう!

栄養素を知ろう!

コエンザイムQ10

特徴

コエンザイムQ10はユビキノンともいい、全身のあらゆる細胞に存在し、エネルギーの産生にかかわる酵素を活性化する成分です。日本では以前から心臓病の治療薬として使われていましたが、2001年からサプリメントとしても扱われるようになりました。
食品から摂取されるほか、体内でも作られています。一般に加齢に従って合成量が減っていきますので、食品からの補給が難しい場合は、サプリメントでの摂取が有効なこともあります。ただし1日にどのくらいコエンザイムQ10を摂取すべきなのかは、まだよくわかっていません。
とくにコエンザイムQ10を大量に必要とする心臓、肝臓、腎臓において不足すると、心臓病、肝臓病、高血圧などの原因になります。

働き

エネルギー産生を助ける

全身のあらゆる細胞に存在し、酵素を活性化し、エネルギーの産生を助けます。

体内を酸化から守る

抗酸化作用を発揮するため、体内の酸化防止に役立ちます。

※栄養価データをサービスで利用したい方は、こちらをご確認ください ⇒ 法人向けサービス


多く含む食品

  • いわし、さば、ぶりなどの青魚や牛肉、豚肉、鶏肉など

効率よく摂るには

コエンザイムQ10は油に溶けやすい性質があるので、油脂と一緒に摂ると吸収がよくなります。

調理油と組み合わせる

油を使って料理したりすると吸収がよくなります(脂の乗った魚や脂身を含んだ肉の場合は不要)。

サプリメントで摂取する場合の注意事項

1:コエンザイムQ10の医薬品としての用量は1日30mgまでですので、サプリメントとして摂る場合も、これを上限の目安にするとよいでしょう。商品によっては逆に、含有量が少なかったり、体内で吸収されにくかったりするものもあるようです。

2:妊娠中、授乳中の安全性については十分なデータがないので、使用を控えたほうがよいとされています。

戻る

ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン
法人向けサービス
研究機関の皆様