栄養素を知ろう! モリブデン:栄養素を知ろう!

栄養素を知ろう!

モリブデン

特徴

モリブデンは、体内では腎臓と肝臓に多く存在し、酸化還元反応を助けるいくつかの酵素の構成成分となっています。必要な量はごく微量であるため、通常の食生活で不足することはほとんどありませんが、不足すると頻脈(脈が早くなる)、頭痛、夜盲症(暗いところでものが見えにくくなる)などの症状が起こることがあります。反対に摂りすぎると、高尿酸血症になる恐れもあります。

働き

酸化還元反応にかかわる

モリブデンは尿酸の代謝をはじめとするいくつかの酵素の構成成分となっています。
尿酸は、老化して壊れた細胞の老廃物の一種です。銅が不足した状態でモリブデンを摂りすぎると、血液中の尿酸の量が増えて高尿酸血症となったり、増えた尿酸が関節で結晶化して、腫れや痛みを起こしたりする恐れがあります。

モリブデンが不足すると…

頻脈、頭痛、夜盲症など
ただし一般的な食生活をしていて不足することはまずありません。

モリブデンを摂りすぎると…

高尿酸血症、関節の痛みや腫れなど
多量に摂っても排泄されるため、過剰症の心配はほとんどありません。

※栄養価データをサービスで利用したい方は、こちらをご確認ください ⇒ 法人向けサービス


多く含む食品

  • 米、そば、豆類(たとえば大豆、えんどう豆、あずきなど)、大豆製品(たとえば豆腐、納豆、がんもどきなど)、レバーなど
戻る

ログインメールアドレス

パスワード

ログイン状態を記憶する
パスワードを忘れたらこちら
新規登録ボタン

全体からの新着

新着日記

コメント歓迎 遠慮する

06:26 女性になるまで 2237日目
06/18 女性になるまで 2236日目
06/17 6月17日の日記
06/17 女性になるまで 2235日目
06/17 夏来ぬ

一覧を見る

新着ユーザー

 身体情報公開

06/16 胡桃さん
05/03 ゆいさん
02/15 caorinさん
01/29 キャリーさん
01/05 KIMIKOさん

一覧を見る

法人向けサービス
研究機関の皆様